b0142778_21323433.jpg

砂漠用の超簡易ジオラマが付属!!

b0142778_21325047.jpg

砲撃の反動を刺したナイフでこらえるとかロマンですよね!?

b0142778_2133768.jpg

本編でやったので合成写真をつくる気力を失ってしまった

b0142778_21344321.jpg


b0142778_21353275.jpg

ジャミング・バリケードは身を隠すのに使うだけでなく、レーダー避けにも使えるイメージです

b0142778_21373064.jpg



以下、同時期に作ったやつらとのコラボ写真
b0142778_2138975.jpg

VSボリボリ
砂漠なら余裕で勝てる

b0142778_21393570.jpg

クッキーちゃん乱入、とりあえずかっこつけるだけのパラン様


b0142778_21412563.jpg

VSシュクダイン
なんつうかもうぜんぜんタイプが違うよね


b0142778_21415414.jpg

VSレポートン
すごい身長差である

b0142778_21423622.jpg

顎から貫通ドーン!


b0142778_21431249.jpg

アムヘウィキの受付コゼニスの蹴りを無視してキメッ☆


b0142778_2145850.jpg

これは劇中でやらなかった、敵の高機動型弥生改のマシンガンを奪った形態だ!
こっちの方がかっこいいな?

b0142778_21475930.jpg


と、いう訳でアームヘッド・パランワルドでありました。
俺の中の勘違いミリタリー感全開で組んだので他と毛色が違いますが、ゆえに気に入ってます。

『巨人戦争英雄譚』登場作品ラインの紹介は次作品で最後になります!


その1 その2 その3
[PR]

by kozenicle | 2013-09-19 21:57 | 作品:アームヘッド | Comments(0)

b0142778_219108.jpg

我らがパランワルド様のご尊顔
コトレインを逆さにしたような顔つきです。
b0142778_21105943.jpg

コクピット開閉ギミックはありませんが、フィグは胴体のガラスの中に乗ってます。


b0142778_21123780.jpg

武装解除

b0142778_21134172.jpg

丸腰
肩の付け根のジョイントにマントと大砲を付けられます。
b0142778_21163075.jpg

b0142778_21171571.jpg


b0142778_21183680.jpg

外付バックパック+静電気マント

b0142778_2120127.jpg

大砲がなくなったらロングナイフと砂で悪あがき
b0142778_2122339.jpg

b0142778_21223114.jpg

b0142778_21223510.jpg

b0142778_2123867.jpg

マントもなくなってしまった
b0142778_2123966.jpg


b0142778_212405.jpg

逆に大砲のみ、これなら戦えそうだな

b0142778_21245253.jpg

リロード!

b0142778_21251239.jpg

b0142778_21261010.jpg

b0142778_21262737.jpg

なかなか渋いだろ?


b0142778_21262020.jpg

貴重な肩装備写真

b0142778_2127813.jpg


今回の写真集でパランワルドちゃんの様々な表情を楽しんでいただけたかな!
せっかくなのであと一回続きます。


その1 その2 その3
[PR]

by kozenicle | 2013-09-19 21:28 | 作品:アームヘッド | Comments(0)

パランワルド
(2011年10月撮影)

b0142778_2172335.jpg

製造:DH重工+リズ連邦軍
所属:リズ連邦軍
武装:射突式アームホーン・対戦車用大質量砲・ロングナイフ・油圧レーザー砲×3・サンドスクリュー・静電気マント
調和:バイ・バイ・バビロン
パイロット:デザルト・サンダース


b0142778_2185247.jpg

リズ連邦軍に所属する砂漠戦闘用アームヘッド。
DH重工で不採用となった試作機の一機を、砂漠戦闘用に特別な改造を施した機体で、同型のものは存在しない。

特徴は脚部のサンド・スクリューと爪先のボードで、二足歩行機体のまま砂上での高速移動を実現している。
対戦車用大質量砲は複数の戦車を一挙に撃破するためのもので、実弾砲最大級の口径を誇る。
また砂漠で扱いづらい水圧レーザーの代替として油圧レーザーを採用しており、弾数は限られるが対アームヘッド用としても充分戦える。
射突式アームホーンは、ホーンが命中した際に杭打ち機のように爆発的に加速延長させることで、より確実なアームキルを狙った武装である。
静電気マントでは周囲の砂を引き寄せることが出来、その身に纏うことでカモフラージュなどに使う。

そのアームコアには、バイオニクル・ヴォロックスの長カブルーアの魂が宿っていた。
(wiki)


b0142778_21105864.jpg

久しぶりの作品紹介です(テンプレ復活)

巨人戦争英雄譚最終エピソード「砂塵を纏う者」に登場。

2011年当時にちょろっと載せましたが正式版ということで。


b0142778_21175225.jpg

劇中では砂漠のエース「砂塵を纏う者」の愛機として登場。
砂漠環境が得意というフーリンカザンを活かし、旧型でありながら敵輸送部隊を半壊滅に追い込んでセイントメシアとも互角に迫る戦いを見せた。

ちなみに巨人戦争英雄譚は当初、こいつを主人公にしたハードボイルド戦記にするつもりでしたが、間が持たないので(ry


b0142778_21305099.jpg

作った時はヴィムやベルゲーゲンなどなんか有機的な作品が主だったので、無機的な兵器らしいのも作ろうぜというのがきっかけだったと思います。

しかし無骨なミリタリー系になるかと思いきや、結局お顔がキツネやらホーンのギミックがサソリやら、そういえば英雄譚のエースは何かしら生き物と関係あるような(ry


b0142778_21443018.jpg

リアビュー
機械部分が多いアムヘという設定(あとづけ)なのでシステム率が高いです。

b0142778_21482090.jpg

かかとのサンド・スクリューと爪先のソリで砂上を滑るぞ!

b0142778_2151916.jpg

対戦車用大質量砲はパズーの大砲のように折れる!

b0142778_21524483.jpg


b0142778_21544245.jpg

b0142778_21552362.jpg

b0142778_21571163.jpg

いいぞーかっこいいぞー

b0142778_21595680.jpg

b0142778_21595573.jpg

上から見ると厚みがあるのだ


b0142778_2205220.jpg

静電気マントで砂塵を纏い翻す!映像化したら絶対かっこいいっすよ!

以下ポーズ写真集!
b0142778_2235093.jpg

b0142778_223472.jpg

b0142778_225375.jpg

b0142778_2252161.jpg

b0142778_2253946.jpg

b0142778_2254364.jpg

b0142778_226411.jpg

b0142778_226371.jpg

俺と言えば生物ビルドのイメージがあるかもしれないが、こういうのも究極的に俺得なのだ!

お気に入りなのでまだ続きます。


その1 その2 その3
[PR]

by kozenicle | 2013-09-17 22:09 | 作品:アームヘッド | Comments(0)