弥生・改(マーチ・カスタム)
(2012年11月撮影)
b0142778_16324566.jpg

フリガナ:マーチ・カスタム
型番:AMH-003(C)
製造:村井研究所+プラント帝国軍
所属:プラント帝国軍
武装:アームホーン・各自バリエーション武装
パイロット:プラント帝国軍パイロット


b0142778_16332593.jpg

村井研究所のマンスナンバー、弥生をプラント帝国軍が現地改修したアームヘッド。
その改造の範疇は広いが、共通して腕先をペンチ型の簡易マニピュレータに換装し、追加武装を可能にしている。
(wiki)


b0142778_16344322.jpg

久しぶりの作品紹介です(安定)

主に巨人戦争英雄譚のやられ役として様々な形で登場しました。
ただしこの白タイプはサンプルであって劇中には出ていません


b0142778_16382239.jpg

元機体はアームヘッド社会長・吉田組老師の弥生です。
色とツールまで変えたら別物にみえるけど


b0142778_17362853.jpg

追加武装を持てるようになった腕自体は元より細くなっているのでその点では弱まっている。


b0142778_17353844.jpg

羽閉じると元の面影が一切無く


b0142778_17405552.jpg

いっぱいいたら結構虫っぽくみえそう


b0142778_17435681.jpg

羽を立てるとなんかかっこいい感じに


b0142778_17443632.jpg

b0142778_17444663.jpg

b0142778_1745174.jpg

b0142778_17451254.jpg

戦闘写真はヴァントーズ編にあるのでそっちどうぞ


b0142778_17471262.jpg

コクピットの秘密!作る人はどうぞ


b0142778_17484336.jpg

(※実際の商品は変形しません)


セイントメシア偽装型(ペイントメシア)
b0142778_17512380.jpg

セイントメシアを模して紅白にペイントされた機体。
”血染の羽毛”の名を利用した、敵への威圧効果や撹乱を狙って造られた。


b0142778_17514750.jpg

「アームヘッド・トレーナー」に登場したパチメシアタイプの弥生。
本物との共通パーツが少ないのにもパチ臭がすごい


b0142778_17545914.jpg

しかし吉田組老師の発言によると、セイントメシアは弥生に連邦のヴァンデミエールの要素を追加して更にデュアルホーンによって最強に昇華させたものなので、この偽装も全く的外れではないらしい(?)


b0142778_1758854.jpg

なお作中ではヴァントーズ無双の後マッチョヴァントーズのパンチ一発で沈んだもよう


b0142778_1802160.jpg

b0142778_1814822.jpg

b0142778_1815247.jpg


b0142778_1823389.jpg

ペイントメシア(アンナー機)
”アームヘッド・トレーナー”ゲインの下で修業を積んだアンナーの弥生・改。
トレーニング期間が足りなかったので腕だけマッチョになっている。
しかし同僚のメシアもどきとは違いゲインと殴り合える程度には強い。


ヴァントーズ同様、次回もバリエーションが続きます。


その1 その2 その3 その4
[PR]

by kozenicle | 2013-10-13 18:09 | 作品:アームヘッド | Comments(0)

<< アームヘッド:弥生・改 その2    アームヘッド:パランワルド その3 >>