言ってみたかっただけ。(瞬獄殺

一応言いますが、ぜにレゴ更新したお。
クイズ中級とギャラリーに追加ですです


※注意 これ以降はまりメラ分が大量に含まれております

メラえもーん!まり太くーん!(瞬獄殺



冬休みだぜ!僕は暇人だぜ!


キャラクター説明

浅葱まりん…主人公。あっは~ん  一応中学生らしいが微妙に違和感がある。
メガネかけてるし未来から青いロボットが救いに来るという某タヌキの(ry
ただしメランの小難しい話や自分の使命を理解するあたり、のび太ほど頭が悪いわけじゃないだろう。
現実にフルボッコにされる被害者。

メラン・ブルー…ヒロイン。男だけど。人間ではなく生体兵器モノマキア。で三銃剣士の一人。
両手が武器になっているが腰からのびる触手特殊なマジックハンドが使える。
まりんを守るのをあくまで任務と言っていたが、段々人間的になってきて・・・

浅葱モト…本編中で一番可愛い良い人。捨て子のまりんを引き取り育てる。
夫の元じいちゃんを亡くしている。

モエちゃん…監督の趣味らしい。おいなんだコイツつまみだせ
まりんと変なフラグを立ててメランに嫉妬っぽいことするので個人的に好きじゃない

ロロ…ばけねこポケモン。ブリガドーン人の一人。
生活向上委員長。おちゃらけてるだけかと思ったら後半で真面目だった。
アロマ君…ラスボス

パイオン…三銃剣士の一人・銀灰の最強剣士でメランに気がある。男だけど。
最初は立ちはだかるかつての友・強敵として描かれていたが、あの話からネタキャラ化

ポイクン…カメのような移動用モノマキア。本編中で2番目に可愛い。きゅう~ん
クシャトーン…味方の怪獣。デカイから出番が少ない。



第5話:ソーダ色の空の下
学校に行く気になったまりんをスナイパーモノマキア・ネポンが付け狙う。ミスるネポンかわいい
しかし学校に行っても教室に入れてもらえず帰れコール。そりゃねー(ry
更に騒動を調査していた警察に捕まる。大仏刑事うぜえw
パトカーに入るなりいきなり厳しくなる大仏。うぜえw しかしネポンがパトカーごとまりんを爆砕!(嘘
何とか警察から逃げたまりんはメランと共に愛の逃避行。
夏空の下、アイスを食べる二人。良い情景だ(黙
小さなスナイパーネポン、酔っ払いの酒と化学反応し消滅。

第6話:銀灰の訪人
いろんな意味で見たくない話。まりんの長屋は警察の特殊部隊によって張られていた。
長屋メンバーはまりんを守るため奮闘するも警察には勝てず。
大仏刑事の凶弾からモトばあちゃんを庇い撃たれるメラン。かっこよす
まりんは皆が傷つくのを見たくないと言い、結局警察に連行される。

問題はそっからだ、警察の尋問を受けるシーン。大仏うざすぎるww

「君は・・・孤児だね。あの長屋の前に捨てられていたね。お父さんお母さんがどんな人だったか全く分からない。病院の出生記録も無い。つまり君はどこで誰から生まれたかも分からない。身元不明の君が正体不明の怪物体達に追われ、二号に守られている。その辺が気になるなぁ・・・・・答えろ!お前は人間か!?」

お前のほうが人間じゃねぇ!! 大仏の愚言の数々にキレるまりん。報告書で一発ぶん殴る。
そっから大仏のスーパー虐待ターイム!

「・・・この・・・不良の!貧乏ったれの!どん底の!バカ娘の!クソガキがぁーッ!」
と暴言を吐きながらまりんの頭を思い切り机に叩きつける。 地味にトラウマシーン

どうみてもお前が犯罪者です。本当に(ry 

しばらくしてやっと女警官が止めに入る。遅せぇよ!
まりんがすでにフルボッコにされてたとも知らず、長屋チームはまりんの救出を決意する。

牢屋にいたまりんの元に一足早く不良先輩が助けに来て、メランのアンプルも救出できた。
だか警察署の前には銀色の銃剣士が!
パイオン 「パトカーだッ!!」 (違
破壊される警察署の上空で衝突するメランとパイオン。メランはまりんを守る使命感からか劣勢になり、剣を胸に突き刺されてしまった。
パイオンが来てからやたらメランのテンションが上がった気がするw


第7話:赫赫たる決戦
フェイスガードしてるパイオンかっこいいです
パイオンを退き、長屋チームの活躍で逃げられたまりんであったが、後日また大仏が現れる。
だが大仏刑事は謝罪に来たらしい。 謝って済むなら警察は(ry
「おっしゃる事はごもっともです・・・。しかしこの大異変の鍵がお二人にあることは事実なのです。殴りたいならお殴りください、踏みつけたいならお踏みください。ですからどうか世界の為にもご協力を。」
おっしゃじゃあ殴ろうぜ! 最初から頼めば良かったと思うんだが。

直後パトカーに上空から野球のスコアボードが突き刺さる。
パイオン 「スコアボードだッ!!」(黙
そしてそこに彫られた文字をみたメランはパイオンからの果たし状だと言う。
「僕は死ぬかもしれない。だが君を守るためには避けては通れない戦いだ」
「任務任務って、メランは任務とあたしとどっちが大事なの!?」
すでに新婚さんですね、わかりまs
ここでまりんとメランは必ずまた会う「約束」(後で重大なry)の印として髪のリボンを右手に結ぶ。

結局メランは死ぬ覚悟でパイオンとの決戦の地、甲子園球場へ(何
音楽のスイッチの入り方がかっこよす
戦いは深夜まで続き、互いの過去の教訓を生かしメランが勝つ(?)
だがブリガドーンと地球の等価崩壊に巻き込まれ決着は着かなかった。

メランが心配で一睡もせず屋根の上で待っていたまりん。
夜明けと共にメランが水路を歩き姿を現す。
まりん、屋根から水路に飛び込む(おい骨折するだろ)
「メラン・・・怪我、ひどいよ・・・痛いでしょ?」
「痛い・・・でも・・・約束は守った」
「・・・おかえりなさい!メラン!」
まりんがメランに飛びつく。

テラ最終回ww
恋愛度はもう50%ですね(極端


第8話:海が紫紺に染まる夜
題名の紫紺ってメランの血の事だと思ってたけど・・・なごみすぎw
メランには友達と遊ぶという感覚も無いし、寂しいという感情も忘れてしまった。
まりんにちやほやされて奇妙な気分になったメランは言った。
「まりん・・・モエも一緒に(遊びに)連れて行くか?」
いや、もう二人きりで行っちゃえよ!

夜の海、夏休みのひと時を過ごすまりん・メラン・モエであったがメランが途中退場。
巨大な資源採掘用モノマキア・タラッター(テーレッテーではなかった)を倒すためだ。
強化された外骨格、下には巨大なゼンマイ、上からは火炎放射、そして良いデザイン。でも目を刺されて負けた。
そのころ残されたまりんとモエは新たなアンプルからカメ型モノマキア・ポイクンを発見する。
最初見た時はパイオンが仲間になるフラグだと思ったんだ。

恋愛度は・・・メランがドラえもん的に使われてる気がしてアレだな


第9話:ピンク・フライト
いろいろとエロマキア
長屋メンバーの一人、看護婦の純ちゃんが不倫医者と駆け落ちする話。(黙
まりん・モエ・純ちゃんは銭湯へ行くが、突如現れたエロマキアに襲われる。
カメのポイクンの活躍でエロマキアを撃破。
詳しく言えば、泡でパンツでコーヒー牛乳で覗きは良くないよっていう話。(黙


第10話:大怪獣、燦爛!
アイスを食べて、万博に行こー! 若干トラウマ回です
前回の話でアイスくじで当たりを出したまりん。
モトばあちゃんと共に大阪万博に招待され、万博を満喫するまりんとばあちゃん。
(この物話は1970年くらいが舞台となっている)

疲れたモトばあちゃんが一旦まりんと別行動をしているあいだ、
建築物運搬用モノマキア・カルキニオンが万博の3つのパビリオンに取りつき暴れだす!
岡本太郎的に平気なのか!?
人間食われてます。胃の中で骨になってます。おいなんだこのアニm(ry

モトばあちゃん、逃げ惑う群集に巻き込まれ転ぶ。
大事にしていたクマのぬいぐるみを拾おうとするが、階段から落ちる。更にそこにカルキニオンが!
ばあちゃんを守るメラン、かっこよす
まりんとばあちゃんはポイクンに乗って逃げるが、メラン一人では巨大な敵に勝てない。

混戦の中、まりんは遺跡に展示されていた金色のアンプルを解き放つ。
黄金獣クシャトーン登場!鳴き声うるせ・・・しかもいきなり押されてるし
結局クシャトーンのダイナミックアクション!によってカルキニオン3体撃破。
太陽の塔・・・・(泣

その後まりんとモトばあちゃんは日本建築のパビリオンへ。
ばあちゃんは一本の柱を探し、立ち止まる。そこにはぬいぐるみと同じクマが彫られていた。
このぬいぐるみは若かりし頃のばあちゃんが、夫である元じいちゃんに貰ったものだった。
(つうことは元じいちゃんは建築関係の仕事をしてたわけですか)
「去年、万博に三人で来てお前をおどろかそうと思ってたんだけど、自分だけ来れなくなっちゃうなんてね」
元じいちゃん・・・(泣
回想でしか出てこなかった・・・(何


感動の話の後、ホテルに場所が移る
メランも風呂入ってて吹いたw
風呂場から楽しげに話しかけるまりん。
壁を通した部屋からそれに答えるモトばあちゃん。

「ばあちゃんもお風呂入ろうよー」

「あたしゃもう疲れたよ・・・・疲れたけど・・・楽しかったねぇ・・・」

風が吹く。
静かに、ばあちゃんの手が下に降りる。
ぬいぐるみが床に落ちた。


・・・あれ?・・・ばあちゃん?
・・・モトばあちゃぁぁーーん!(泣


なおも風呂場から楽しそうに話しかけるまりん。
この後、ばあちゃんの死体を発見するのだろうと思うと、胸が痛くなる。
[PR]

by kozenicle | 2008-12-29 18:17 | 駄文 | Comments(0)

<< DEDEBALOON トマンとデデン    METRONOOM ケナンとホズン >>